真鯛の煮凝りを仕込んでおります。

さて、本日は週末に向けての仕込みを色々とやりました!

5000円と6000円の忘年会用のコースで使用する食材を色々と物色していた所

イイ型の「真鯛のカマ」を発見!!通常は荒炊きなどでお出ししますが、

昨日、銅座の某バーのオーナー「Tさん」が釣り上げた4.5キロほどあった石鯛を半身ほど頂いていましたので、そいつの中骨などをオーブンで焼いてから出汁を取って、その出汁に味付けをして更に真鯛のカマを入れて軽く煮込みました!!もちろんカマからもイイ出汁が出ます☆

その真鯛のカマから丁寧に骨を外し、身だけをキレイに漉した先ほどの出汁に戻しまして冷やし固めます。固まる前に香りの良い柚子や三つ葉、アオサなどを混ぜ込んで冷蔵庫で一晩経つと「真鯛の煮凝り」の完成です。

「煮凝り」にも色々とありまして、荒炊きの様な濃い味付けの物や薄味の物、お肉でもできますし、具の様な物が何も入らない物もあります。

今回は、日本酒を飲まれるお客様でしたので薄味で香り良く仕上げました。

下の写真は真鯛のカマから取り出した「鯛中鯛」(たいなかのたい)や「鯛の鯛」とも呼ばれる魚を食べるのが好きな方なら見た事ある方も多い鯛の骨の一部。

一匹から2個しか採れない骨で、昔はマニキュアなどを塗って穴に赤いヒモなどを通してお財布などに入れておられる方もおられました。

鯛の中から鯛の子供の様な骨が出て来る!!スゴイですよね☆

ちなみにもう1つ骨繋がりで、下の写真。何だか分かった方は通ですね!!

恐竜ではないです・・・・

凄い口でしょう!!この口でウニやサザエなどガリガリ食べる美食家の魚!!

そう!!「石鯛」の口の骨です!!!

噛まれたら・・・考えただけで恐ろしい・・・

釣り師の方の中には石鯛の大物を釣り上げた時、この口の骨を記念に飾られる方もいるそうです。

さて、昨日お伝えしました「ヒロリシャス」さんのクリスマスディナーについて

ご紹介します。

まずは、お店からのプレゼントとしてグラスシャンパーニュを!!

アミューズはフランス産の七面鳥を使ったオードブル!!

魚料理は北海道産の真鱈を使うそうですが、内容は当日のお楽しみ!!

肉料理は蝦夷鹿を使ったスペシャルなものらしいです!!

そしてデザート!!!

毎年素晴らしいディナーをオドロキの価格で提供されてます!!!!

ちなみに、去年のディナーの一部をご紹介☆

素晴らしいでしょう???

24日はすでに満席のようですが、23と25日はまだ少しだけ空席あるそうで す。

ご予約はお早めに!!

今年はしかもフランスへ料理の勉強に行っていたので、さらにパワーアップした料理を食べれる事間違いなしですよ!!

と言う事で今夜はこの辺で。

「毎度おおきに!!」

店主 飛鳥 龍一郎

第八文丸の船長と甲板長を接待。

昨日は、いつも新鮮な魚を届けてくれる第八文丸さんの

船長:森 泰介君と甲板長の川下君をお店に呼んで接待しました!

写真が嫌いな船長なので(魂を抜かれると本気で思ってます)

顔出しは以前の写真を↓

右が森船長。左はご存知の方も多いあの「村田基さん」

先日、野母崎沖で芭蕉カジキを釣り上げた時の写真を拝借。

彼は若いのにホント凄い漁師で、野母んアジの一本釣り漁師をやっているのですが

お客様を連れての遊魚もやってます。

最近では「赤ハタ」や「オオモンハタ」や「カンパチ」「真鯛」などをルアーなどで釣らせるために奮闘しています。リンクにブログを貼ってますのでそちらもチェックしてみて下さい!!

さて、昨日の接待ですが、色んな料理を食べてもらいながら最近の魚事情を聞いたりしてとても充実した宴会でした!!

まずは釣り上げてきてもらった「アコウ」をアクアパッツアに☆

最近よく釣ってきてもらう魚ですが、凄く高級魚です。

身がプリプリで顔の部分のコラーゲンは最高です。

冬場の鍋にぶつ切りで入れたりって贅沢ですがたまらなく美味しいです。

年末は「赤ハタ」などと一緒に販売もするみたいなのでお正月用にみなさんも是非。

赤ハタとオオモンハタの写真はこちら↓

次の料理は五島「草野ファーム」さんの豚バラの生姜焼き。

賞を取られた豚で、脂身の甘みがたまらなく美味しい豚肉です!!

それから、島原産の豚肩ロースを厚切り低温ローストに。

この豚は音の定番の豚肉で、メニューでもお出ししていますが身がしっとりしていて適度に甘みがあり美味しいんです。

色んな部位を仕入れてますが、レバーやタンなんかもオススメですよ!!

その後は「アオリイカ」と新タマネギの中華風炒め。

そんなこんなで深夜3時くらいまで盛り上がってしまいました・・・

若い漁師ですが、魚に対しての情熱は半端ない彼らと沢山の話が出来てとても充実した宴でした。甲板長の川下君もホント釣りの事になるとアツイ男でした!!

いつも美味しい魚をありがとう!!!

今後ともよろしくね☆

さて、今年もカラスミ仕込んでおります。

写真をちょくちょく撮り貯めてますのでまた作り方の紹介を近日やります。

それと、実家の南串山から沢山の野菜達が届きました!!

こちらも明日アップできるかと思ってますのでよろしくお願いします☆

 

「毎度おおきに」

店主 飛鳥 龍一郎

 

リンクを貼らせてもらってるお店の事2。

さて今回ご紹介するお店は!!こちら↓↓ そうです!!「ヒロリシャス」ですよ☆

ご存知の方もいらっしゃいますが、彼は同い年なんです。 最近、長崎で飲食店を経営している同い年のオーナー達がとても多いんです。 その中の1人がヒロリシャスのオーナーシェフ「大石くん」 彼の料理は『芸術』です。 「イワシとドラゴンレッドの重ね焼き」 「自家製ハムとパセリのゼリー寄せ」 「野母崎産本マグロのグリル ワサビ菜のソース」 「タスマニアビーフ ハラミ肉のソテー バルサミコと粒マスタードのソース」

ね!!芸術でしょう!!!

本マグロだけすいません、写真撮る前に少し食べてしまいました・・・

ヒロリシャスの料理は大石くんの情熱がバシバシ伝わってくる。

彼とは一昨年、仙台や福島いわき市などへ食材探しの旅をしに行ったくらい

プライベートでも仲が良いのです。 ワインも豊富に揃えているのですが、

どれもリーズナブルでオリジナリティーのあるセレクト。

昨夜も6時間くらい長居してしまいました・・・

料理とお酒のマリアージュを常に考えてくれている彼のお店。

来店される際は是非ワインも一緒に楽しんでもらえればと思います。

皆さんも是非、彼の芸術を楽しみに行ってみて下さい☆

「毎度おおきに!!」

店主 飛鳥 龍一郎

人気メニューを紹介します。

当店の人気No.1は、

「色々な野菜がたっぷり入った和風サラダ」800yen

来店されるお客様の9割が注文されるほどの人気です。

気になる内容は、季節で変わっていきますが、大体20品くらいの野菜が入ります。

例えば今日のサラダの場合、レタス・レッドキャベツ・マーシュ・水菜ビーツの新芽ほうれん草新芽・レッドオーク.ビタミン大根・紅芯大根紅時雨大根黒大根島人参からし水菜トマト四角豆インゲン豆ゴールデンビーツストライプビーツデトロイトビーツ・レンコン・間引き人参 etc…

ちなみに、赤字で書いている野菜は当店の畑で育てています!!

続いての人気メニューは

「島原直送 豚 耳じり肉のステーキ レモンバターソース」1200yen

「耳じり 」って何???って思いますよね??このお肉、豚の頭、耳の付け根あたりにある「カシラ」とも呼ばれるお肉なんです。九州ではあまりメジャーではない部位なので、知っている方も少ないのですが、関東や東北、北海道などではスーパーなどに並んだりするほどポピュラーなお肉です!その耳じりのステーキにも、たっぷりのグリル野菜を添えていますので、女性にも人気です!!

そして、やっぱりこちらも大人気!!

「お刺身盛り合わせ」1800yen~

☆五島産本金目鯛

☆野母崎産赤ハタ

☆野母崎産キジハタ

☆平戸産黄金ヒラメ

☆北海道産ボタンエビ

他にもまだまだ沢山ありますが、こんな感じで入荷した魚を盛り合わせて提供しています。 今度はお皿に盛られたところをアップしますね。

その他沢山のメニューがありますが、当店は出来る限り季節や入荷してくるお酒、食材でメニューを考えています。こないだ食べたあれが食べたい!って思っても無い事がありますのでご了承ください。

では、このあたりで!

「毎度おおきに!!」

店主 飛鳥 龍一郎

 

ヤガラという名の高級魚。

みなさん、ヤガラをご存知ですか??

口が異様に長くて京都や東京の料亭ではおなじみの魚。

長崎では良く水揚げされるのですが、ほとんどが都会のそういった高級店へ

出荷されています。

ツラ構えはこんな感じ↓↓

こいつは赤ヤガラという種類なんですが、白身でとっても美味!!

骨や頭からは上質の出汁がとれます。

刺身や練り物にしたり、焼いても美味しいんですよ!!

野母崎の第八文丸の船長「森 泰介」君が釣り上げた大物です。

こういった少し変わったお魚が、漁師さんから入荷したりもします。

ブログやツイッターなどで常にチェックしててくださいね☆

それでは、週末の営業頑張るぞー!!!

 

「毎度おおきに!!」

店主 飛鳥 龍一郎