東京食べ歩きツアー4

さて、浅草「オマージュ」さんの料理写真のご紹介。

まずは食前酒にシャンパンを頂き軽くつまみながら本日のメニューをお伺い。

1品目「アミューズ・ブッシュ」

左から「トマトのマリネ」と「カラスミのムース」

しょっぱなから美味しい!!トマトも昔を感じさせる青臭さや酸味があるトマトでハーブや上に添えられたアメの食感もベストマッチ!!

カラスミのムースも香りがよくてコクがあって幸せになる味です。

シャンパンの後は、ワインを。

お料理に合わせてセレクトして頂ける2杯、3杯、4杯のグラスワインセットがありそれでお願いしました。もちろん4杯で!!

今回、ワインの写真はほとんど写りが良くなくボツに・・・スイマセン。

2品目「厚岸産牡蠣の冷製 ココナッツミルクのバヴァロワ」

何年ぶりかに牡蠣を生で食べました☆

普段は万が一アタった場合、お店を休まねばならないので我慢しております。

今日は特別に解禁!!メチャ旨です!!!プリプリでジューシーでたまらん。

グレープフルーツの香りがしてて爽やかな味わいでした。

3品目「フォアグラのピスタチオ焼き ハイビスカスのソース」

美しいですねぇぇ。お昼からワイン飲んでフォアグラですよ。鼻血でそうでした。

ソースもとっても香りが良くてGoooooood!!!!

4品目「和歌山産甘鯛の松笠焼き ジュ・ド・ポワソン 春菊のクーリ」

写真ではイカが乗っかってて甘鯛が見えてません・・・横からも撮ってみたのですがイマイチだったのでこちらの写真で。

甘鯛のウロコがパリパリに焼かれていて香ばしくソースの旨さと合わさりとっても美味しかったです。盛りつけもキレイですよねぇ。

5品目「ムッシュ・オテイザの純血黒豚種 キントア豚 肩ロースのロティ」

こちらのお肉、かなり期待しておりました。黒豚らしいコクのある脂身と赤身のバランスも良くて美味しかったです。

が、個人的にはヒロリシャスやプレジール・ド・ヴァンさんで頂く豚の方が豚の肉質や焼き加減、ソースまで含めて好きですね。

(あくまで個人の感想です。)

6品目「ショコラ・ブランとパイナップルのムース ココナッツとライチのソルベ」

甘い物が苦手なのですが頂きました。甘かったですが。でも美味しく頂きました。

最後に食後のコーヒーのお供に出て来たのがこちら。

浅草なのでと出されたアラレ、人形焼き、ほうじ茶のプリン。

このプリン、かなり美味しかった!!しかしお腹いっぱいで人形焼きは食べれず。

すいません。

いやぁ全体的にもほんと良かったです。次回は夜に行ってみたい。

満席の店内でしたが、お酒飲んでいたのは僕らくらい。東京もやはりレストランでのお酒離れが増えているようでした。残念。

食後、お店の外でオーナーシェフのアライさんと大石君のトークの様子をパシャ!

またお邪魔します!!

その後は、合羽橋までブラブラ歩き、包丁屋さんやら器屋さんなどを散策。

夜は神楽坂へ行く予定なので一旦解散し1人上野までプラプラ。

さて、神楽坂編はまた次回。

「毎度おおきに!!」

店主 飛鳥 龍一郎

東京食べ歩きツアー3

さて、初日から飛ばして色々行ってますが2日目も朝から2件!!

の予定が、行きたかったお店が定休日・・・

お昼が浅草でフレンチのフルコースの予定だったので、浅草をブラブラ。

遠くに見えていたスカイツリーが浅草まで来てみるとかなりデカイ!!

すぐ側にありそうだったので歩いて向かうもデカさに惑わされていただけで、歩いても歩いても全然近づかず・・・・

やっぱデカいね。

そうしてるとお昼も近くなってきたので遅めの朝食を急遽決定。

雰囲気あるお店でお店の名前も「浅草 むぎとろ」麦御飯にトロロ!!

シンプルイズベスト!!!

昨日のお酒も吹っ飛ぶ美味しさ&スタミナ付いた☆

そこから浅草「雷門」前で大石夫妻と待ち合わせ。

ランチ前に軽く浅草寺界隈を散策。イイ雰囲気ですねぇ。しかし観光客も多い。

そんな浅草寺を通り抜け更に住宅街の密集する全く繁華街とは縁のない場所。

静かな住宅街の一角に「HOMMAGE」はあります。

料理写真が結構多いので内容は次回!!

「毎度おおきに!!」

店主 飛鳥 龍一郎