itadakimono

先日、「ヒロリシャス」オーナーの大石君のお父さんから

「しいのみいるね??」とお電話を頂きました。

皆さん知ってます??「しいのみ」

ドングリのよりも少し小さくて小粒な木の実です。

「もちろんいただきます!!」

2時間後、持って来て頂いたしいのみはとてもキレイで美味しそうです!!

こいつを、塩水にしばらく漬けて虫を出し、殻を少し割れ目を入れてから空煎り。

塩をまぶしてたべると素朴な味が広がって懐かしい感じがしました。

銀杏とかクルミみたいにいっかりとした味があるわけでは無いですが、

一つ、また一つと食べてしまう素朴な味わい。

このまんま食べるのもいいですが、何かお料理に使ってみます。

いつも素敵な贈り物をありがとうございます!!

 

 

さて、カラスミを仕込む時期になってきました。

今年も沢山のご予約を全国から頂いております。

夏前くらいから「今年もカラスミの予約をお願いしたい」とお電話頂き、

大変張り切っております。

まだ、長崎魚市にはあまり良い真子が入っていない様なのでしばしお待ちを。

ご予約も随時受け付けてますのでお店までお電話下さい!!

作り方もまた更新します。お時間のある方は作られてみてはいかがですか?

 

今日のところはこの辺で。

 

「毎度おおきに!!」

料理人 飛鳥 龍一郎

音の釣り珍道中

はい、釣りちょくちょく行っております。

なかなか大漁には至っておりませんが・・・・

毎回、何かしらのネタは仕入れている珍道中の一部を今回は紹介します。

 

ゴミ袋を釣るのはしょっちゅうです。

海藻を釣るのも毎度の事。

パワーキャストで「バチン!!!」という轟音と共にルアーが遥か彼方へ飛んで行く事数えきれず・・・

先日は、ウミヘビを釣った強者まで・・・・

スタッフ「ヨリ」の発する「よっしゃぁぁぁ!!!きたぁぁぁぁぁ!!!」

の声の後は大抵変な物が上がってきます。

例えば、こちら↓

はい・・・エイです・・・危険生物です・・・食べれますがリリースです・・・

私も負けずにさらに大きなエイを釣り上げ・・・・

ある時は「アオサギ」ってご存知ですか??

大きな鳥です・・・・すごい鳴き声を発するデカい鳥を釣る始末・・・・

 

小林はと言いますと・・・・

 

海底に根掛かりしていたルアーをルアーで釣り上げる奇跡を起こしました・・・

 

たまに一緒に釣りに行く某居酒屋のスタッフ「S」は、大物をバラした際に釣り針を折られてしまったルアーに気づかずしばらく釣りを続けていたり・・・

とにかく笑いには事欠かないです・・・

たまにはちゃんとした魚も釣ってるんですよ。

ネリゴ(カンパチの子供)やオオモンハタ!!

餌木と同じサイズのミズイカ・・・もちろんリリース・・・・

ペーロンガニが釣れた事もありました・・・

毎回、次こそは必ず!!!!と言う思いだけはあるのですがなかなか釣れない・・

上の写真でネリゴを釣り上げたわたくしは、調子に乗り「今日はイケル!!」と

ルアーを投げていると何かが掛かった!!!!

しかし、変な物を数々釣り上げた経験上、何か違和感を感じた・・・

 

近づいて来たルアーには、まさに変な物体が付いていた・・・・

 

「ネリゴの死体」・・・・・

 

こんなに広い海で釣れるかね・・・・

 

その日の帰りの船で恐ろしく凹み、疲れた我々の姿が↓

次こそは絶対・・・・・

 

「毎度おおきに!!」

料理人 飛鳥 龍一郎