三陸に仕事を!プロジェクト

「三陸に仕事を!プロジェクト」のホームページより抜粋

あの日から、まもなく1年。

朽ち果てた防潮堤、船の姿が見えない船着場、鉄骨がむき出したままの加工場…。
三陸の被災地は、うっすらと雪が積もる、冬の真っ只中です。
仮設商店街やショッピングセンターも瓦礫の荒野の中にぽつぽつと建ち始め、
少しずつ生活の営みが戻り始めています。

じゃれながら通学する子供たち。
しかし、通う学校は元の学校ではなく、遠く離れた別の小学校や仮設のプレハブ小学校。 肩を寄せ合って暮らす家は、9坪の仮設住宅。
もちろんみんな元気で暮らしてますが、心に深い傷を負っていることに変わりはなく、それを必死に隠しながらの笑顔です。
その無邪気な笑顔は、町のじいちゃんばあちゃんの唯一の心のよりどころ。
ただ、浜の景色は一向に変わりません。

そんな中、ミサンガ作りの女性たちは、今日もその手を休めません。家族のため、子供たちのため、孫たちのために…。
そろそろ失業保険も切れます。さきはまだまだ見えませんが仲間たちの笑い声や手にする手仕事工賃が彼女たちを奮い立たせます。

「さあ、仕事仕事!」。

立ち止まってはいられません。一分一秒でも早く本当の復興に向かわなければ、
子供たちや若者たちはふるさとから出て行かなければならなくなる。
ばあちゃんが生きているうちに復興の兆しだけでも見せてあげたい。そんな強い思いが彼女たちを前に進めます。

自らの手仕事で確かな賃金を手にする。仕事する姿を見せることで家族も奮い立たせる。浜のミサンガ「環」は浜の女たちの誇り、生きがいです。すでに岩手・宮城の300人近い女性たちは、日本中の皆さんのおかげで 1億円近い手仕事の賃金を手にしました。本当にありがとうございます。
そして今彼女たちは少しずつ新しいチャレンジも考え始めています。

ウインターバージョンに引き続き、ピンク色の「さくらなでしこバージョン」の新作も登場します。 復興の春を待ち望む気持ちを込めて編んでます。

ふるさとのためにいち早く立ち上がった彼女たちへの末永いご支援、引き続き、よろしくお願いします。

ミサンガの販売代金 1,100円(1セット・税込)のうち、材料費や販売経費、諸経費を除いた576円が作り手の方々に。また、材料である網を切ったりする二次加工を担い、作り手さんをサポートする現地の被災企業・被災者の方々にも1セットにつき150円近く(為替や材料費の変動で変化)が支払われ合計700円以上が被災地に届いています。 ※

※ これは被災地に仕事を創出して収入を生み出す「Cash for work」という手法で、被災し、仕事を失った方々の「仕事創出」「自立支援」「やりがい」などを支援&サポートしていく仕組みです。多くの途上国の災害復興の場面で採用されてきた実績があり、たとえば2004年のインド洋大津波災害の被害を受けたインドネシア、2008年にミャンマーを襲ったサイクロン災害、2010年のハイチ大地震など、こうした災害では多くのNGOや国連機関によりCFWが実施され、その効果を挙げてきました。

当店でも取り扱っております。

自分も阪神淡路大震災を経験しました。

地震直後の神戸の街を歩き、引っ越しや荷物の搬出や炊き出しなどのボランティアもやりました。

あの時の光景は二度と忘れる事はできません。

福島や宮城の方達には食材探しの旅をした時に大変お世話になりました。

あの街に出来る限りの支援をしたい!!

そう言う思いで取り扱っています。

浜のミサンガ「環」の販売サイトはこちら↓

http://shop1-sanriku-shigoto-project.com/

よろしくどうぞ。

スペイン&ポルトガルからの刺客

本日、到着した刺客達をご紹介します。

まずはポルトガル・ドウロからやって来た「CONTRASTE  RED  2007」

若き女性醸造家リタ・フェレイラが作るワイン。

まったくの無名だった彼女がポルトガルワイン誌で受賞し今や注目の的。

葡萄はティンタ・ロリス、トゥリガ・フランカ、トゥリガ・ナショナルなどをブレンドし複雑かつ重厚感のある味わい。

エチケットも僕好みのデザインで限定2本入荷です!!

続いて登場はスペイン・カスティーリャ・ラ・マンチャより「BAJONDILLO 2010」

スペインの若手醸造家で最も注目されているダニエル・ゴメス・ヒメネス・ランディがワイン造りを行うボデガス・ヒメネス・ランディ。

彼のワインはペニンガイドやザ・ワイン・アドヴォケイトでここ数年素晴らしい評価を受けています。

このバホンディージョはカジュアルにあまり難しい事は関係なく『飲んで美味しい』ということを一番のテーマに造っているワインです。

しかし、バホンディージョ2010は、さらなる進歩をし、ダニエルの思いとはうらはらにワインはどんどん高級感を漂わせてきました。

上級ワインのソトロンデロに使用していたガルナッチャ、シラーがより使われるようになりました。

樽も3,300リッターの樽に変え、これらのことにより、さらにエレガントさが増し、ワインに高級感が出てきました。

超一流の醸造家が全く手抜きすることなく醸す美味しいカジュアルワイン。

品質アップが魅力の2010年ヴィンテージを限定4本入荷です!!

続いての登場はスペイン・ナバーラから来日「MONASTIR・S・XII・Cister2004」

こちらのワイン、ビンタエ・グループがD.O.ナバーラでつくる素晴らしいワイン!

特別限定生産で作られるモナスティル・プロジェクトは、品質の根本的な源は、葡萄畑にあるとするコンセプトの再現。

生産量を限定し豊富なボディとエレガントな表情豊かなモダンタイプのワイン造りのプロジェクトです。

葡萄はメルロ・テンプラニーリョ・カベルネソーヴィニヨン。

上品な果実味と香辛料のニュアンスが後味を引き締めて素晴らしい。限定4本入荷。

最後はこちら!「La garnacha olvidada de Aragon 2009」

「アラゴンの忘れられたガルナッチャ」というワイン。

このワインはガルナッチャ、特に古い畑で育った葡萄で、良質の素晴らしいワインが作れる事を証明しています!!

僕が最近一番飲みたかったワインです☆やっと2本限定で入荷しました!!!

どのワインも数量限定入荷です。お早めにご予約を!!

営業部長のアユムの笑顔で「毎度おおきに!!」

店主 飛鳥 龍一郎

伊王島

先月、伊王島に10年ぶりくらいに行ってきました。

凄く変わりましたね。

オリーブの木が至る所に植えてあり、どこか違う国に来たみたいでした!

船で渡ると余計に旅行気分が高まって、オススメですね!!

港では漁師のおじいさんが漁で使う網を手入れしていたり、防波堤では沢山の釣り人が釣りを楽しんでいました。

雰囲気良い所です。

しかも、温泉もある!!今回はこの温泉が目的でしたが、地元小浜温泉同様塩の利いたお湯でかなり気持ち良かった☆

皆さんも是非行ってみて下さい!!

 

「毎度おおきに!!」

店主 飛鳥 龍一郎

suika

これは、30年ほど昔の我が家に起こったお話。

保育園に通っていた俺の誕生日の前日。

親父が俺にこう言いました「誕生日プレゼントは何が欲しかや??」

当時のうちはかなりの貧乏生活。しかし毎日の様に会社の後輩や同僚の人たちとの付き合いでの飲み会が続いていた親父。

よくオフクロに保育園から帰ると「会社までお父さんを迎えに行ってきて」

と言われ連れて帰りに行ったのを覚えています。

会社の事務所で専務さんや社長さんなどに相手をしてもらいながら親父を待っていると、仕事を終えた親父が事務所に入ってきて、「アリャ!息子の迎えに来とる!!」

と言いながら渋々帰らざるをえない状況です。

誕生日のその日はまっすぐ帰って来て、プレゼントに俺がスイカが欲しいと言ったのを覚えていてくれていた様子。

当時の俺は、スイカを半分に切ってそのままスプーンで贅沢に食べてみたかった。

可愛いもんでしょ??

しかし!!親父の手には肝心のスイカは握られてない・・・・

晩ご飯が済み、ゆっくりくつろいでいると親父は急に「よし、車に乗れ!」

と、俺とオフクロ、幼かった妹を乗せて夜のドライブ。

とある道端で車は止まり、親父は言います。

まずオフクロに「妹と後ろを見とけ」とそして俺に「前を見とけ」

その後、車を降りた親父は暗闇の中へ・・・

 

しばらくして、遠くから大きな大きなスイカを小脇に抱えた元ラガーマンの親父が走ってきました・・・・

 

 

 

はい、そうです。スイカ泥棒です・・・・

今考えると、貧乏だったから買えなかったのかウケをねらったのか。

後者であって欲しいですが(笑)

 

その後、家に帰り、半分に切られた大きなスイカに、仏壇用のろうそくに火をつけてお祝いしてもらった事を毎年誕生日のころに思い出します。

30年以上昔の話です。時効ですよね・・・

そんなオモシロエピソード。まだまだ沢山あります。

たまにはこんな話もよかですよね?

「毎度おおきに!!」

店主 飛鳥 龍一郎